WordPress 無料サーバーを使う理由



WordPress DB100MBの無料サーバー

WordPressでブログを始めて1年半。アフィリエイトとういものを始めて1年です。更新頻度は2日に1回ほどのペースだと思います。6月の更新が17回でしたので。

そのくらいのペース(画像多め)で書いて、1年半でDB100MBがいっぱいになり、3回、新しくブログを作り、記事を移動させました。

wordpress DB容量

回りの人からは「有料サーバーを使えば?」と言われます。しかし、有料サーバーを使わないのには理由があります。

WordPress 古い記事でも人気の記事になる

1年間やってみてわかったことは、私の場合、人気の記事は決して新しい記事という訳ではありません。1年前の記事の人気が高かったりします。書いたばかりの頃は左程人気がなかった記事も、後に上がってきたりします。流行を追ったブログならば、最新記事が人気となるのでしょうが、流行を追えるほどアンテナを広げてないので。

流行を追っている訳ではないので、更新もゆっくりです。

有料サーバーの解約

いつか、ブログ更新に飽きる時がくるかも知れません。当然、有料サーバーだとその時点で解約するでしょう。有料サーバーを解約した場合、当然そのデータも消去されます。

無料サーバーだと解約しようと思わないでしょう。そのまま記事を残しておくことができます。人気の記事は過去記事の場合もあります。きっと、内容が充実していて、良い記事は何年も人気であると思います。アクセスがあれば当然、アフィリエイトとして価値があります。

DB100MBの無料サーバー

WordPress 無料レンタルサーバーの比較
無料レンタルサーバーの比較WordPressのメリットと、無料で始める場合、無料のレンタルサーバー・無料ドメインを比較してみました。Wpblog、Xdomain、Freewebなど

Wpblog、Xdomain、Freewebなど、どれもデーターベースは100MBです。この1年間で2回90MB以上になってしまったことがあり、引越しをしました。引っ越しは少し大変です。でも、記事を整理したり見直したりする良い機会になると思っています。

WordPressの引越し

3度の引越しで分かったことは、50程の記事を移動させても、アクセス数などが減ることはありません。元のブログのアスセス数は減ることなく、新しいブログと同じように成長します。因みに、グーグルアドセンスやアマゾンアソシエイトで管理するブログの追加は簡単です。

過去のブログ引越し履歴

引越しは面倒です。そして、3つ以上のブログの管理は大変です。

  履歴
2015年12月 ブログ①公開
2016年6月 DBが90MBになったので、新しいブログ②を開設し、1つのカテゴリー(約50記事)を引越し
2016年10月 ブログ①のDBが90MBになったので、ブログ②に1つのカテゴリーを引越し
2017年6月 ブログ①のDBが90MBになったので、新しいブログ③を開設し、1つのカテゴリーを引越し中

どのくらいの記事で、DB100MBがいっぱいになるのかは記事の内容により差があり明記できませんが、上記にあるような頻度で無料サーバーのDBはいっぱいになりました。記事の更新頻度は、ブログ①の公開時、すでに50くらいの記事があったと思います。その後、1~2日に1回の頻度で更新しています。

DB98MBくらいになると、まず画像(メディア)新規追加時に圧縮しなくなります。プラグイン「WP-Optimize」でデータベースの最適化をすると残りのDB容量は多少増えます。

WordPressの引越しの手順
 WordPressの引越しの手順 次の手順で引越しを行います。 ①新しいブログの準備   1.ブログの開設   2.メンテナンス中のお知らせ
WordPressのデータベースの最適化の実際 WP-Optimize
WordPressのデータベース容量 無料のレンタルサーバーのデータベース容量はWPblog、Xdomainで100MBです。 無料サーバー データベース容量