スケッチ

アプリ「スケッチ」の使い方



アプリ「スケッチ」

「スケッチ」はSony Mobile Communicationsが提供している便利なアプリです。写真やキャンパスにスタンプや文字を書き加えたり、鉛筆やマーカーやブラシで絵を描いたり、メモを取ったりできます。

「スケッチ」は2016年11月のアップデートでレイヤー機能が加わり、更に使いやすくなりました。

レイヤー

画像編集ソフトを利用されている方には知られているレイヤーです。レイヤーは透明フィルターをベースにしたキャンパスで、透明なキャンパスを使って、画像を階層に分け編集できます。

レイヤーによりできる事

  • レイヤー毎に編集したり、追加・削除できる。
  • 後方のレイヤーに書いた文字を前面に出したり、前方のレイヤーの画像を後方にやったり、順番を変えることができる。

アプリ「スケッチ」の使い方

アプリ「スケッチ」を起動

  1. アプリ「スケッチ」を開く
  2. プラスのアイコンをタップする
  3. カメラ・画像・キャンパスのうち、利用するものを選ぶ

画像を選んだ場合

  1. 左上のハンバーガーメニューを開く
  2. 画像が保存してあるアプリ一覧が表示される
    スケッチ
  3. 画像を選ぶと、ファイル一覧が表示される
    スケッチ
  4. フォルダを開くかアルバム等を開いて画像を選ぶ
  5. トリミングする
    スケッチ

テキストを入力する

  • 音声でテキストを入力することもできます。
  • テキスト入力した後に、文字の種類や色、文字の大きさや位置の調整をする

スケッチ

テキストを入力するキーボードは、スマホを縦にすると、スマホで慣れている12キーボード(テンキーボード)に変更可能です。

スケッチ

文字の種類や色、文字の大きさを調整します。

色を選ぶ

スケッチ

ペンの種類を選ぶ

スケッチ

スタンプや画像の挿入

スタンプや画像の挿入もできます。

スケッチ

定規も使えます。定規は360°回転します。

スケッチ

アプリ「スケッチ」のレイヤー

レイヤーをドラッグして動かすことができます。上から何番目に見せるのか、好きな階層に移動させます。

スケッチ

右側がレイヤーです。画像、ペン、スタンプの順に並んでいますが、ドラッグして動かします。

アプリ「スケッチ」の便利な使い方

地図の上に記載できます。

スケッチ

地図を写した後、元の画像を消すこともできます。イラストなども写して書くことができます。

スケッチ

アップロードでできるようになったこと

  • 公開した画像を他のユーザーがエクスポートできる権限のON/OFFの追加
  • マルチウィンドウ