麻雀

豊後プロ×茅森プロ、気まずい雰囲気からの国士無双



麻雀最強戦2015女流プロ代表決定戦桜の陣 予選

プロアマ、芸能人、文化人、幅広い分野から出場が可能であり、日本プロ麻雀連盟、日本プロ麻雀協会、最高位戦日本プロ麻雀協会も認定する日本最大の大会です。

豊後プロ 清一色で気まずい雰囲気漂う

麻雀最強戦2015女流プロ代表決定戦桜の陣。メンバーは、宮内こずえプロ・和久津晶プロ・茅森早香プロ・豊後葵プロです。

圧倒的な点差で余裕の勝利の豊後プロが、一度ミスしたにも関わらず、容赦なく清一色をテンパイ。豊後プロが自らのミスで「あっ」と発した言葉でミスを察知した2番手の茅森プロがリーチを掛けます。しかし茅森プロは豊後プロの当り杯を引いてしまうのです。 茅森プロの表情は怒っている、気まずい雰囲気漂う中、豊後プロは茅森プロの顔をチラリと見ます。プロ同士の対局ならば圧倒的な点差だと降りるべきだったのでしょうか。

豊後プロ国士無双 笑うしかない

容赦ない清一色で8万点オーバーでトップの豊後プロ。気まずい雰囲気のまま、豊後プロの親で自摸で国士無双。13万点超えで、茅森プロももう笑うしかないという感じです。

これでは天才茅森プロに悪いので、ここで豪快な字一色(役満)の上がりを見て下さい。

茅森プロの字一色

佐々木寿人の地和・滝沢の大三元・キングコング梶原の国士無双と国士返し
もってる佐々木寿人の「地和」と滝沢の「大三元」 上がりだしたら止まらない佐々木寿人と佐々木寿人のライバル、イケメンの滝沢和典、この二人の役満をご紹介。 佐々木寿人の役満「地和」
【麻雀】寿人に続き、逆転の猿川も!大逆転を食らう多井プロ泣きそう
猿川真寿のオーラスでの大逆転 多井プロの顔が・・・ 多井、トップを走っていたが、再びオーラスで大逆転をくらう。猿川が浮きの2位を確保しようとして、鳴いていったが、カンが入り倍満に

おすすめ場面 二階堂亜樹プロ 豊後葵プロ

【二階堂亜樹プロ】天和の瞬間、TV慣れしている人との違い
天和 親の配牌の時点で既に和了 の形が完成している状態 天和の場面をご紹介します。 生放送で天和 月島ひかるプロのすごい瞬間です。 天和か 二階堂亜樹プロです。
【豊後葵プロ】ぜひ観てもらいたい麻雀名(迷)解説
 第10期夕刊フジ女王決定戦 予選東京1組1回戦 メンバーは魚谷侑未プロ、白銀紗希プロ、豊後葵プロ、山本秋桜里プロで、注目は豊後プロです。 その前の対局からの流れも

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です