ガス自由化と電力自由化 比較一覧 1


スポンサーリンク

2017年 ガス自由化と現在の電力自由化について

2016年4月より電力の自由化、そして2017年4月よりガスも自由化されます。様々な観点から料金の差、サービスの違いを比較してみました。複数のガス販売会社・電力会社(電力事業者)からご自分にぴったりの会社を選べるようになります。3月末までに各会社から料金プランが発表されます。(記事は随時 更新)

自由化での注意点

料金プランによっては長期契約を条件に、料金を安く設定している場合もあります。その場合、解約で違約金がかかってしまう場合がありますので、契約内容に注意してください。

  • 今までのプランがお得な場合がありますのでご注意下さい
  • 自由化に便乗した悪質な勧誘や詐欺にご注意下さい

電気会社の違約金について

契約する時は必ず違約金についてチェックして下さい。東京電力など従来電力会社も2016年4月からの新料金プランになり、プランによっては違約金が発生する場合があります。

例えば、東京電力の新料金プランで解約金がかかるプランがあり、東京電力と契約している販売代理店で契約した場合も東京電力の期中解約金や解約手数料が発生します。ソフトバンクは東京電力と提携となりますので、同じように期中解約金・解約手数料が発生します。

例 SOFTBANKでんきのプレミアムプランについて

プレミアムプランは、2年契約(自動更新)となります。契約満了から2ヵ月の期間以外に契約を解約する場合は東京電力が定める期間解約金(5,000円)がかかる場合があります。

  • バリュープランは2,500円
  • プレミアムプランは5,000円

東京電力の違約金・期中解約金

プレミアムプラン

プレミアムプランの契約期間は1年と2年があり、契約者の申し出によって定めます。また契約満了時には1年毎、または2年毎の自動更新になります。期中解約の場合は期中解約金が発生します。

1年契約 3,000円
2年契約 5,000円

契約期間満了日の前々月の契約満了日以降に契約を廃止する場合は期中解約金は発生しません。つまり2ヵ月前以降に手続きを行えば解約金は支払わなくてもいいということです。

イ 契約期間満了の日を料金適用開始の日以降 1 年目の日とする場合
  1 契 約 に つ き 3,000円00銭
ロ 契約期間満了の日を料金適用開始の日以降 2 年目の日とする場合
  1 契 約 に つ き 5,000円00銭

違約金・期中解約金・解約手数料の一覧

電気会社 プラン 契約内容・違約金
auでんき auでんきセット割 最低利用期間は1年・1年未満で2000円
SOFTBANKでんき おうちでんき 1年契約自動更新・解約手数料540円
SOFTBANKでんき スタンダード 1年契約自動更新・解約手数料540円
SOFTBANKでんき バリュープラン 2年契約自動更新・解約手数料540円・期中解約金2,500円
SOFTBANKでんき プレミアムプラン 2年契約自動更新・解約手数料540円・期中解約金5,000円
SOFTBANKでんき 自然でんき 契約解除料・解約事務手数料なし
九電みらいエナジー 基本プランM 解約手数料0円
ENEOSでんき 2年どくどく割 解約金 1,080円(Aプランは解約金なし)

※期中解約金の場合の工事費負担金に関する注意点
一般送配電事情者から電気会社へ臨時料金または臨時工事費相当額の支払請求をがあった場合、当該費用を請求されることもあるとのこと。

安全性に問題はないのか?

ガス管は従来のものを使用し、管理・ガス漏れなどのへ対応も従来通り、都市ガス会社が対応しますので安全性に問題はありません。

都市ガスは安全が最優先です。ガス管の点検や緊急対応などの保安・管理は、これまでどおり都市ガス会社が行います。

契約したガス販売会社が倒産した場合

ガス販売会社が倒産した場合もガスの供給が止まることはありません。都市ガス会社からガスが供給されるようにセーフティネットが用意されています。

電力会社・ガス会社を決める時に考慮する点

電力自由化と同じようなサービスがガス自由化でもあるかと思います。私の場合、2016年の電力自由化の際にはサービスのどれにも当てはまらなかったので、電力会社を変更しませんでした。

  • オール電化、または電気とガス両方を使うか
  • 電気を多く使う時間帯
  • 携帯電話とのセット割にしたい
  • 車を運転することが多い
  • 電車を使うことが多い
  • ポイントを貯めたい

以上のことを考慮し、電力会社を変更すべきか考えます。

利用状況 プラン 電気会社
オール電化の場合 オール電化用のプランでお得に 東京電力のスマートライフプランなど
多く使う時間帯 夜間の料金が安くなるプランでお得に 夜トクなどのプラン
  プラン 電気会社
携帯電話でお得にしたい 携帯電話とのセット割 au・ソフトバンク
車の運転をすることが多い ガソリン代の割引があるプラン 昭和シェル
電車を使うことが多い 東急線を利用する人にお得 東急パサーサプライ
ポイントを貯めたい Tポイント・ponta・JALマイレージなど 東京電力・ソフトバンクでんき他
キャッシュバック希望 携帯電話とのセット割 au・ソフトバンク

キャッシュバックのあるプラン

電気会社 プラン キャッシュバック
au セット割 月額ご利用料金のうち、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除く料金の1~5%をプリペードカード(au WALEET)へキャッシュバック。
ソフトバンク おうちわり 1年契約自動更新・セット割で2年間、月100円割引
ソフトバンク スタンダード 1年契約自動更新・セット割で2年間、月200円割引
ソフトバンク バリュー 2年契約自動更新・セット割で2年間、月200円割引
ソフトバンク プレミアムプラン 2年契約自動更新・セット割で2年間、300円割引

ポイントやマイルの付くプラン

各電気会社のポイントは提携先のポイントと交換も可能な場合が多いです。特に、Tポイント、マイル、dポイント(ドコモ)、nanaco、waon、鉄道会社とのポイント交換できます。

例 東京ガスのパッチョポイント

東京ガスは「パッチョポイント」がたまり、パッチョポイントはd ポイント、Ponta、楽天スーパーポイント、T ポイント、WAON ポイントと交換が可能です。

Tポイントがたまる電気会社

ポイント交換ではなく、支払いによりTポイントが貯まる電力会社は以下です。

東京電力 1000円毎に5ポイント
ENEOSでんき 200円につき1ポイント
西部ガス 200円につき1ポイント
eコトでんき!(伊藤忠) 200円につき1ポイント
SOFTBANKでんき 1000円毎に5ポイント

Pontaポイントがたまる電気会社

ポイント交換ではなく、支払いによりPontaポイントが貯まる電力会社は以下です。

東京電力 1000円毎に5ポイント
エネワンでんき 200円につき1ポイント
西部ガス(九州) 200円につき1ポイント
eコトでんき!(伊藤忠) 200円につき1ポイント
SOFTBANKでんき 1000円毎に5ポイント
まちエネ 1000円毎に10ポイント

JALのマイルがたまる電気会社

ポイント交換ではなく、支払いによりマイルが貯まる電力会社は以下です。

九電みらいエナジー 100円毎に1マイル
洸陽電機 200円毎に1マイル

楽天スーパーポイントがたまる電気会社

ポイント交換ではなく、支払いにより楽天スーパーポイントが貯まる電力会社は以下です。

楽天エナジー 10kWh毎に1ポイント

ガソリンが安くなる電気会社

昭和シェル 電気セット割で、ガソリンが10円/L安くなる

昭和シェルのドライバーズプランは200kWh2,470.4円の定額プランですので、200kWh満たない場合は電気料金が高くなります。200kWh以上だとお得です。

新プランに変更する場合の工事について

アナログの低圧メーターからスマートメーター(次世代電力計)に変更する場合がありますが、2023年までには、全ての低圧メーターはスマートメーターに変更される予定で、現在順次変更されています。基本的に取替工事費は不要です。

スマートメーターが不要な契約の場合もスマートメーターに変更されますが、変更時期は「ご利用開始後」になる場合もあります。

スマート契約について

スマート契約は、過去の電気使用量によって基本料金が変わります。

30分ごとの使用電力量のうち、月間でもっとも大きい値を2倍した値を最大需要電力といい、その月の最大需要電力と前11ヵ月の最大需要電力のうち、いずれか大きい値がご契約電力(kW)となります。そのご契約電力の大きさによって基本料金が決定いたします。

つまり30分毎の電力使用量の最大が2kWならば、4kWの基本料金になります。

各電気会社の詳細

auでんき

  • 対象地域は全国

電気料金(基本料金・電力量料金)は今までのままでの料金と同じです。キャッシュバックのサービスとなります。

電気の契約者とauの契約者が違う場合

auの契約住所とauでん契約住所が同じで、電気契約者とau契約者が家族であれば、auでんきセット割の適応となります。

ソフトバンクでんき

電気料金(基本料金・電力量料金)は今までのままでの料金とよりお得になる場合があります。キャッシュバックのサービスもあります。

対象地域

  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 北海道電力エリア

東京の場合

プラン プランの内容 キャッシュバック
スタンダード 電気料金(基本料金・電力量料金)は今までのままでの料金と同じ 200円/月
バリュー 基本料金は1kWhにつき432円(スマート契約)・300kWhまで7,020円の定額プラン・300kWh超えると1kWh毎加算 200円/月
プレミアム 基本料金は1kWhにつき432円(スマート契約)・300kWhまで7,020円の定額プラン・300kWh超えると1kWh毎加算  
自然電気 基本料金0円・1kWhにつき27円  

ソフトバンクでんきと東京電力を比較

スタンダードプランは東京電力のスタンダードSと同じ料金です。SOFTBANKでんきのバリュープラン、自然でんきと東京電力のスタンダートXを比較します。

電気会社 SOFTBANK 東京電力 
プラン バリュープラン 自然でんき スタンダードX プレミアム
基本料金 1kWあたり 432円 0円 561.60円 468円
300kWhまで 1kWh毎 定額7,200円 27円 23.40円
300kWh超過 1kWh毎 25.89円 27円 30.02円 定額9,700円
400kWh超過 1kWh毎 30.02円 27円 30.02円 29円

※基本料金はスマート契約

  • Sバリュープランで300kWhの料金 7,200円+基本料
  • 東京電力スタンダードXで300kWhの料金 23.40円×300=7,200円+基本料
  • バリュープランで400kWhの料金 25.89円×100+7,200=9,789円+基本料
  • 東京電力プレミアムプランで400kWhの料金 9,700円+基本料

キャッシュバックもありますし、基本料金が安いソフトバンクでんきの方がお得になるようです。因みに自然でんきの300kWhの料金は、27円×300kWh=8100円のみで、基本料金はかかりません。

バリュープランで300kWh満たない場合

バリュープランで月300kWh満たない分は、Tポイントはまたスマホのデータ量で還元されます。東京電力のプレミアムプランは400kWh満たなくても還元がないので、その分もSOFTBANKでんきはお得です。

ENEOSでんき

供給エリア

  • 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部

ENEOSでんきと東京電力を比較

ENEOSでんきAプランと東京電力スタンダードSプランと比較してみました。基本料金は同じです。

電気会社 ENEOSでんき 東京電力
基本料金 同じ 同じ
120kWhまで1kWh毎 20.76円 23.4円
300kWhまで1kWh毎 23.26円 23.4円
300kWh超え1kWh毎 25.75円 30.02円
  • ENEOSでんきAプランで300kWhの料金 6,678円+基本料
  • 東京電力スタンダードSプランで300kWhの料金 7,200円+基本料

ENEOSでんきは他と比べてもお得だとおもいます。2年とくとく割ならば更にお得になります。

ENEOSでんきAプランの2年契約時の料金

1~2年目 1kWhあたり0.2円の割引
3年目以降 1kWhあたり0.3円の割引

更新月(23ヵ月~24ヵ月)以外で解した場合は解約金は1,080円です。

eコトでんき!

伊藤忠エネクスグループが販売する電気で、対象地域は東京電力の地域です。

WEB請求割引プランD

契約アンペア 30A 40A 50A 60A
基本料金 825.56 1,074.91 1,340.82 1,600.56
120kWhまで1kWh毎 19.13円 18.69円 18.65円 18.55円
300kWhまで1kWh毎 25.48円 24.89円 24.83円 24.70円
300kWh超え1kWh毎 29.42円 28.73円 28.67円 28.52円
東電比 2%off 4.3%off 4.5%off 5%off
  • eコトでんき!プランD・30Aで300kWhの料金 6,882円+基本料825.56円
  • ENEOSでんきAプランで300kWhの料金 6,678円+基本料842.40円
  • 東京電力スタンダードSプランで300kWhの料金 7,200円+基本料842.40円

eコトでんき!とENEOSでんきを比較すると、eコトでんき!の方が基本料金が安いですが、120kWhを超えると1kWhの単価が高いです。

九電みらいエナジー

 九州電力のグループ会社で、現在の対象地域は関東地方です。解約手数料が0円で基本料金がお得です。

九電みらいエナジー・基本プランM

契約アンペア 30A 40A 50A 60A
基本料金 712.8 950.4 1,188 1,426.6
300kWhまで1kWh毎 23.3円 23.3円 23.3円 23.3円
300kWh超え1kWh毎 26円 23.3円 23.3円 23.3円
東電の基本料金 842.40 1,123.2 1,404 1,684.8

九電みらいエナジーの料金は基本料金が安いことと、300kWhを超える場合の単価がお得です。JALのマイルがたまるプランもあります。

楽天エナジー

楽天エナジーのスタンダードプランと東京電力スタンダードSプランと比較してみました。基本料金は同じです。

電気会社 楽天エナジー 東京電力
基本料金 同じ 同じ
120kWhまで1kWh毎 19.43円 23.4円
300kWhまで1kWh毎 25.91円 23.4円
300kWh超え1kWh毎 25.91円 30.02円
  • 楽天エナジーのスタンダードプランで300kWhの料金 6,995円+基本料
  • 東京電力スタンダードSプランで300kWhの料金 7,200円+基本料

東急パワーサプライ

供給エリア

  • 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県の一部

条件

  • 現在の契約が「従量電灯B」で30A以上であること

電気料金の割引に加え、PASMO定期券購入でポイント付与など様々なキャンペーンがあります。

暮らしに合った料金プランを選ぶとどのくらいお得?

東京電力と比較すると、どの電気会社(電気事業所)もお得に設定されています。月に換算すれば少額の違いですが、ずっと使うものですから、できるだけお得なプランを選びたいと思います。私はマイルを貯めて旅費を稼ぐ、私知り合いはTポイントをためること、東急線沿線に住んでいる知り合いもいます。

それぞれの暮らしに合った電気会社、プランを選ぶと良いかと思います。特に関東地方は多くの電気会社やプランが充実していて、地方よりもお得です。

今、契約している電力会社についてブレーカーを確認

まず、家の電気やガスの使用状態を考えて選びますが、アンペアの確認はブレーカーを見ればわかります。

一般の家庭での多い契約(電力会社により違いがあります。東京電力の場合)

従量電灯B 一般的で一番契約が多いもの 10~60A

ブレーカーを確認

ブレーカーを確認すると、ご自分が契約しているアンペアがわかります。

一人暮らしならば30Aでしょうか。ファミリーならば30A~60Aだと思います。

東京電力

アンペア値 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
ブレーカー色

九州電力

アンペア値 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
スイッチノブ色
【電力自由化】まずは今の電気料金の確認方法
電力自由化 今の電気料金の確認方法 ブレーカーを確認すると、ご自分が契約しているアンペアがわかります。アンペアによって基本料金が違いますので、基本料金を見直すことで電気料金を抑え
九州電力と西部ガスのセット割プランの比較 - モーニング&ランチ 福岡book
Contents1 ガスと電気の自由化によりお得なプラン開始2 九州電力と西部ガスの新プランの比較2.1 契約 …

記 ももたゆきを



One thought on “ガス自由化と電力自由化 比較一覧

Comments are closed.