Child Theme Configurator

Child Theme Configuratorの使い方


スポンサーリンク

子テーマ

「子テーマ」は、WordPressのテーマの機能やスタイルを引き継ぎつつカスタムするテーマです。スタイルを変えたい部分だけを子テーマに記載します。「子テーマ」を作っておくと、親テーマアップデートより、子テーマで指示したスタイルは書き換えられることがありません。

プラグインを使うと、階層を考え、フォルダを置き、子テーマのスタイルシートを作ることが簡単にできます。

子テーマを簡単に作れる「One-Click Child Theme」は2年以上も更新されていません。そこで、子テーマの作成には「Child Theme Configurator」を利用しています。Child Theme Configuratorの使い方を記載します。

Child Theme Configuratorのインストールと有効化

プラグインの新規追加より「Child Theme Configurator」を検索しインストールします。

  • Child Theme Configuratorのインストール
  • Child Theme Configuratorの有効化

Child Theme Configuratorで子テーマ作成

「ツール」より「Child Theme」を選択すると、「Child Theme Configurator」の設定画面になります。

Child Theme Configurator

1.Select an action

  • 新しい子テーマを作成する
  • 既存のテーマを設定する(既存のテーマがある場合はココにチェックが入っています)
  • 子テーマをコピーする
  • 既存のテーマをリセットする

以上の中から選択します。

2.Select a Child Theme

プルダウンで、子テーマを作る親テーマを選びます。

3.Analyze Child Theme

「Analyze」をクリックすると、子テーマが分析されます。Child Theme Configurator

4.Verify Child Theme directory

ディレクトリの確認。

5.Select where to save new styles

  • 既存のスタイルを書き換える
  • 既存のスタイルに上書きしないで、新しいカスタムスタイルを別のスタイルシートで保存し、既存のスタイルと親のスタイルとを組み合わせてベースラインを作る

6.Select Parent Theme stylesheet handling 親テーマの処理

「Use the WordPress style queue」を選択します。

  • 「Use the WordPress style queue」 WordPressのスタイルキューを使用する

参考

以前は @import: を使用して親テーマのスタイルシートをインポートしていましたが、これはもはや良い方法ではありませんので注意してください。

7.Customize the Child Theme Name, Description, Author, Version, etc.

子テーマの名前、説明、作成者、バージョンなどをカスタマイズできます。通常はカスタムズしなくても良いと思います。

8.Copy Menus, Widgets and other Customizer Settings from the Parent Theme to the Child 

子テーマのメニュー、ウィジェッなどカスタマイザ設定を親テーマのものに置き換える時にチェックを入れます。

9.Configurator Child Theme で実行

子テーマのディレクトリ

子テーマのディレクトリは2つのファイルからなります。

  • style.css
  • functions.php

子テーマディレクトリに「header.php」や「footer.php」 を置けば、親テーマの「header.php」や「footer.php」 の代わりに使用されるので、ヘッダーやフッターをカスタムズする時はこれを利用すると安心です。

「header.php」や「footer.php」その他のファイルの追加も簡単

ファイルのタブを開きます。

Child Theme Configurator

親テーマから、チェックを入れた項目のPHPテンプレートがコピーされます。