Advanced Ads

広告を貼るプラグインAdvanced Adsがより使いやすい 1



「Quick Adsense」は古い

広告のプラグインを探していると何故か4年も前から更新のない「Quick Adsense」が紹介されています。最終更新日が4年前で、今のWordPressのバージョンではテストされていません。

そこで、「Wp-insert」を使っていましたが、「Wp-insert」では記事中に表示する広告は5通りが限度です。広告だけではなく、様々なソースコード入れて使うと5通りでは足りなくなります。

Advanced Ads

「Advanced Ads」は、「Wp-insert」と同じ仕様で利用でき、限度はありません。

Advanced Adsのインストール

Advanced Adsの設定は最勇更新日が2日前です。(2017年2月17日現在)現在のWordPressのバージョンとも互換性があります。

インストールと有効化

インストールと有効化を追えると、左の項目一覧に「Advanced Ads」が出来ています。

Advanced Ads

 

Advanced Adsの設定

Advanced Adsの設定は次の2つを設定します。チュートリアル(Wizard)もあるのでスムーズに設定できると思います。

  1. Adsに広告の内容を貼る
  2. Placementsで広告の配置を指定する

Adsを新規作成

ソースコードを記載できますので、広告に限らず、各ページに表示したいプロフィールなどにも使えます。

  1. 1.Adsをクリック
  2. New Adをクリック

Advanced Ads

タイトルをつけ保存

広告の位置を決める時にどの広告かわかるように、わかりやすいタイトルをつけておきます。

Advanced Ads

Adsに広告の内容を記載

Ad parmetersテキストやコードを貼る

Ad parmetersに広告などのテキストやコードを貼ります。

Advanced Ads

これはアドセンスを貼っています。

広告の表示の仕方を指定

デフォルト、左寄せ、中央、右寄せから選びます。

Advanced Ads

marginの指定もできます。

広告の表示と非表示を指定

カテゴリーや固定ページ、タグやページ毎に表示非表示を指定できます。

Advanced Ads

general condition 一般的な条件を指定

表示しないものをグレーにします。

  • Homepage
  • singular pages 単一の投稿と固定ページ
  • Archive pages アーカイブページ
  • search results 検索
  • 404ページ
  • Attachment pages 画像などのファイルのページ
  • Secondary Queries セカンダリクエリ
  • Feed

New condition 他の条件を指定

一般的な条件に加え、個別に条件を指定できます。上の例を説明します。

  1. 「Choose A condition」から選ぶ
  2. 「Archive:カテゴリー」を選ぶ
  3. カテゴリー一覧が表示される
  4. 表示または非表示するカテゴリーを選ぶ
  5. 「表示」か「非表示」を選択する

Choose A condition 条件について

個別の条件指定ができます。上の画は「Archive:カテゴリー」を選んでいます。「Archive:カテゴリー」を選ぶとカテゴリー一覧が表示されます。

Advanced Ads

日本語で表示されているのでわかりやすいです。

「or」か「and」を選ぶ

一般的な条件と追加した条件について、「or」「and」を選びます。

or または 片方の条件を満たす場合に表示または非表示にする
and   両方の条件を満たす場合に表示または非表示にする

あるページだけ広告を非表示にする方法

Choose A condition 条件を選ぶ

Advanced Ads

 

  1. 「Choose A condition」で「Specific Pages」を選択する
  2. 「title or id」に記事のタイトルかidを入れる
  3. 「レシピ」と入れるとタイトル「レシピ」の一覧が表示される
  4. 非表示にしたい記事を選ぶ
  5. 「is not」を選択し、保存
  6. ※表示させる場合は「is」を選択
is 表示
is not 非表示

Ads 保存

保存すると、次のように表示されます。

Advanced Ads

わかりやすいタイトルをつけています。「adsense上部」と「amazon1」で保存しました。

Advanced AdsのPlacementsで広告などの位置を指定

位置を指定します。

Advanced AdsのPlacements

Advanced AdsのPlacementsをクリックします。

Advanced Ads

広告などを表示する位置を指定

Advanced Ads

広告を表示する位置をヘッダー、フッター、記事の上部、下部、記事の中間、サイドバーから選びます。

サイドバーを選ぶと、ウィジェットに「Advanced Ads」が表示され、簡単にサイドバーに広告を貼ることができます。

位置の設定を保存

  1. 位置の設定に名前をつける
  2. その位置に貼る広告を選ぶ

Advanced Ads

「記事の上部」に「adsense上部」の広告を貼るようにしました。

広告の位置に広告の種類を指定

設定した広告の位置に広告の種類を指定します。この組み合わせの変更は簡単にできます。

上の画の説明

  1. 「記事中」に「amazon1」を選択
  2. pタグの1番目の後に設定

これで、「記事上部」に「adsense上部」の広告、「記事中」のpタグの1番目の後に「amazon1」の広告が表示されます。

広告を貼るプラグインAdvanced Adsの使い方 Wp-insertとの違い
広告を貼るプラグイン 広告を貼るプラグインQuick Adsenseは4年も更新されていません。そこでWp-insertとAdvanced Adsの使い方とその違いについて記載し
広告を貼るプラグインWp-insertが使いやすい
広告を貼るプラグイン選んだ結果 広告のプラグインを検索すると上位に上がるプラグインは「Quick Adsense」です。このプラグイン、最終更新日が3年前だし、このWordPre

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です